鬼滅の刃経営研究会/従業員記事紹介【鬼滅の刃経営考察】(前編/後編)炭治郎から学ぶマネこそが人と組織を成長させる秘訣🌈〜マネが全ての基礎になる〜



みなさんこんにちは! 東京都練馬区にある矢崎会計事務所/広報の古瀬です。


さて、今回も鬼滅の刃経営研究会の記事の一部を紹介させて頂ければと思います。


今回のテーマはマネ×マネから始まるオリジナル!?誰かをマネことは成長の大きな要素だです。
マネをすること=自分で考えずに答えを求めていてズルをしている。
そう考える人もいるようですが、実際はマネをすることが成長への第一歩となることが多いようです。


鬼滅の刃の主人公もまた、父親と仲間の技をマネて融合することで、自分だけのオリジナル技を編み出し、窮地を脱しました。
また、元プロ野球選手のイチローやアーティストの米津玄師さんもマネるところからオリジナリティ溢れずスタイルを確立したとおっしゃっていることから、いかにマネることが大事かがわかるかと思います。



弊所の所長も危機的な経営状況からマネを重ねることで、V字回復を実現しておりますので、やはりマネることは偉大なって感じます。
他にも前後編に分けて多くの情報が載っておりますので、是非ご覧下さい。

https://note.com/kimetsukeiei/n/na2cc6fac1032 前編

https://note.com/kimetsukeiei/n/na83ba5f2822d 後編

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です