鬼滅の刃経営研究会/従業員記事紹介【鬼滅の刃経営考察】下弦の伍「累」に学ぶ組織マネジメント🙌 役割に人をつけるとどうなる?



みなさんこんにちは! 東京都練馬区にある矢崎会計事務所/広報の古瀬です。

さて、今回も鬼滅の刃経営研究会の記事の一部を紹介させて頂ければと思います。

今回のテーマは【組織マネジメント&役割に人をつけるとどうなる?】です。
ジョブ型の評価制度という社員に対して仕事内容を明確に定義して、その仕事の成果で評価するというものがあります。
簡単に言えば、仕事(役割)に人をつけて評価するというものなのですが、コロナ禍で多様な働き方が増えている中で、注目されている評価制度らしいです。


鬼滅の刃の作中に擬似家族を作って集団で襲いかかって来る鬼がいて、それがかなりの強敵なのです。
それは上記の評価制度を採用しているからであり、同時にその弱点や補うべきだった要素について今回の記事は書かれています。


評価制度について悩んでいる経営者の方はたくさんいると思いますので、是非マンガを読む気持ちで読んで頂けるとためになる記事だと思います。

https://note.com/kimetsukeiei/n/n31cf7c3aee06



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です